トップへ > 住宅・不動産関係 Q&A > 不動産を担保にしたローンを、おまとめローンを目的に使用することは可能ですか??

>>おまとめわんこに寄せられた口コミから選ぶ最新キャッシングランキング

不動産を担保にしたローンを、おまとめローンを目的に使用することは可能ですか??

【質問】
現在複数の会社から約250万円の借金がある状態で、その借金を、不動産を担保にしたローンを組んで、1社にまとめたいと考えています。

自宅評価額は土地建物合わせて約950万円ですが、住宅ローンの残高が1500万円あります。
年収は約750万円あります。

このような状況でも融資が受けられるかどうかをお聞きしたいです。どなたか詳しい方アドバイスをお願いします。


【答え】
不動産を担保に融資してもらうのが、「不動産担保ローン」ですから、担保に差し出す不動産が必要です。

既に住宅ローンがあると言うことは、土地建物はその住宅ローンのために担保設定されているということではないでしょうか。

その場合、差し出す不動産がないわけですから、融資を受けることは無理と言えます。住宅ローンの担保になっていない不動産ということであれば別ですが。


その場合でも返済能力が厳しくチェックされるので、800万円の年収で、住宅ローンと不動産担保ローンを二重で返済する能力があるかどうかも審査項目に入ってくると思われます。

もっと言えば、年収800万円もありながら、何故さらに250万円の借金を作ってしまったかについても詳しく聞かれると思います。誠実に返済できる人間性が問われると思われます。


「不動産担保ローン」の特徴について


ここで「不動産担保ローン」の特徴について説明したいと思います。
クレジットのキャッシングや消費者金融からの借入れは、その人の返済能力をもとに信用を付与した無担保のローンです。それに比べ「不動産担保ローン」は、不動産の評価額に応じて融資枠を決め、不動産を担保に差し出すことにより実行されるローンです。


不動産の価値が高ければその分融資金額も多くなります。ですから数百万単位の融資案件も少なくありません。

また無担保ローンに比較して金利も安くなるのが特徴です。年利10%を割るケースもあります。

そして、おまとめローンのように借り換えにも使えるので、複数の借金に苦しむ債務者がもし大きな不動産を持っている場合は、有効な解決策になりえます。


ただし、当然のことですが、もし返済できなければ担保に差し出した不動産を売却して返済に充当させることになり、その時点で不動産を失うことになります。

さらに売却した不動産で全額返済できなければ、不足分を返済する責任も残ります。


具体的にどのような条件で融資してくれるのかについて、代表例としてみずほ銀行の「不動産担保ローン」について説明します。


◆不動産(一般的には自宅)を担保に5000万まで融資可能。
非常に大きな金額の融資が可能です。

◆使いみちは原則自由。ただし事業資金や、投資目的に使ってはいけません。
多重債務をまとめるために使っても良いということです。

◆年齢制限として22才以上66才未満で完済年齢が76才未満。
他界する前に返済が完了することを念頭においているようです。

◆借入期間は1年以上20年以内。
フリーローンと違って、長期の借入れが可能です。

◆所定の団体信用生命保険にご加入できる人。
持病等の健康不安がある人は加入できないので、融資も受けられないことになります。

◆保証会社の保証を受けられる方。
これは、もしローン返済が不可能になった場合、銀行に代わって債務回収業務を担当するのが保証会社になります。担保不動産を処分して残金を返済する相手が保証会社になるということです。

◆保証人は原則不要ですが、本人居住用不動産に第一順位抵当権を設定登記します。
既に抵当権が付いている不動産に対しては、原則融資できないということです。

◆金利は、変動、固定の選択ができます。
どちらが有利かを経済動向や融資期間等で十分吟味して判断する必要があります。

◆繰上返済は可能ですが、手数料が発生します。


抵当権が付いていない不動産があって、安定した収入があり、健康で、返済能力が十分あると判断された場合「不動産担保ローン」は実行されると思われます。

くれぐれも、不動産の担保価値を過大評価して、返済能力以上の融資を実行するような違法な金融業者にかかわらないよう気をつけましょう。



キャッシングランキング