トップへ > この業者って…??必見マル秘質問集 > セゾンの「証書ローン」におまとめできないかと検討中なのですが…

>>おまとめわんこに寄せられた口コミから選ぶ最新キャッシングランキング

セゾンの「証書ローン」におまとめできないかと検討中なのですが…

【質問】

現在、複数社から220万のキャッシングローンを抱えています。昨年クレジットカードが1枚の強制解約されてしまいました。

このような状況でもおまとめローン目的でセゾンファンデックスの生活支援ローンに申し込みたいと思うのですが、クレジットカードの強制解約があるので審査に通るかどうかが心配です。詳しい方にぜひアドバイスいただきたいのですが。

【答え】

クレジットカードの強制解約はどのような理由なのでしょうか。

引き落とし日に口座にお金がなくて、延滞になって、それを繰り返したことによる強制解約が一番多い理由だと思われます。

ただ強制解約の事実は、信用情報機関に登録されてしまいますので、他の金融機関に新たなローンを申請する場合には、審査に大きな影響を与え、否決される可能性が高まります。


1社の強制解約がなぜ他のローン審査に影響を与えるのでしょうか。

AさんがBさんにお金を貸したとします。

Bさんはそのことを知らせずにCさんから借金をしました。その後BさんはAさんへの返済がたびたび遅れてもめています。

そのことをCさんが知った時、CさんはBさんに二度とお金を貸さないと思いました。そのことを他の人にも知らせてあげようとも考えています。


このように他の金融機関で起きている返済遅延は、当然自分のところでも起こると考えるので、他のクレジットカードも強制解約になる可能性もあります

ただし強制解約の基準は各金融機関によって違いますので、一概には言えませんが。


セゾンファンデックスの生活支援ローンについて

セゾンファンデックスの生活支援ローンについて説明します。

このローンは証書ローンの一種で、複数の貸し金業者からの借入れを1本にまとめる、いわゆるおまとめローンとして使う事ができます。

証書ローンとは、契約書に金額を記入し、1回だけ融資されるローンのことです。1回で高額の融資が受けられますが、カードローンのように、融資枠の範囲内であれば何度でも融資が受けられるということはありません。そこが大きく違います


証書ローンは、返済計画をローン会社と相談しながら立て、無理のない返済を長期にわって継続していくということに重点が置かれるのも特徴です。

現在の収入に見合った返済金で計画を立てるので、月々の返済額が少なくなる反面、返済期間が長くなり、総返済額が増えることもあります。


例えば、借入れ金100万円、金利18%で、返済期間5年の場合、毎月の返済額は25,393円、総返済額は1,523,580円になります。

これを借入れ金100万円、金利15%で、返済期間6年6ヶ月の場合、毎月の返済額は18,571円、総返済額は1,671,390円になります。


このように、金利が下がって月々の返済額は下がっても、返済期間が長くなれば、総支払い額は多くなってしまいます。

支払い額が多くなっても確実に返済できる方が、借り手にとっては良いこともありますので、返済計画は十分に検討しなければなりません。


では、セゾンファンデックスの生活支援ローンの話に戻します。

以下がこの商品の内容です。借り換えのためのおまとめローンに利用が可能です。

ただし消費者金融、クレジットカードにおける無担保ローンを対象としており、銀行のカードローンの借り換えはできません。


融資額は10万円〜500万円、利率は6.8%〜15%、融資決定後、借り手の口座または、借り換え先の口座に振り込まれます。

返済回数は6ヶ月〜8年。おまとめローンとして利用する場合の融資額は、借り換え対象のローン残高になり、それ以上の融資はできません。


セゾンファンデックスは、貸し金業法の総量規制を受ける金融業者ですが、このローンは年収の3分の1を越える融資も可能と謳っています。

なぜでしょうか。総量規制には例外措置があります。

それは、借り換えることによって、借り手が一方的に有利になる契約内容であれば、「総量規制」の適用は受けなくて良いというものです。


例えば、金利が低くなって返済額が減り、返済総額も減るという契約で借り換えできれば、この例外措置適用に該当します。

もし現在借りているローンの金利が15%を越えていれば、セゾンファンデックスに借り換えできれば、金利が15%以下に下がるので、「総量規制」の例外措置が適用できます。


数字的には年収200万円の人が、200万円のローンを組むことも可能となります。


実際、口コミの内容をみていると、年収を越える借り換え融資が可決されたこともあったようです。最近はどうかわかりません。

クレジットカードの強制解約があるにもかかわらず審査が可決されるかどうかは、正直わかりません。ただ厳しい状況ということは言えます。


キャッシングランキング