トップへ > おまとめローンに潜む罠…危険!!? > おまとめローンで審査が通った=ブラックリストには載っていない?!

>>おまとめわんこに寄せられた口コミから選ぶ最新キャッシングランキング

おまとめローンで審査が通った=ブラックリストには載っていない?!

【 質問 】
少し前の話ですが、数社からクレジットカードでキャッシングを利用していました。しかし、利息が高く、しかも返済日が各社ばらばらで返済しにくい等があり、おまとめローンを申し込み、無事に融資を受ける事が出来ました。

ここで質問なのですが、新しい融資が受けられる=ブラックリストには載っていないと考えていいのでしょうか?
色々調べてみると…

「ブラックリストに載っていると借り入れが出来ない」
「申し込み段階で断られる」


…等の情報に行き着きます。
新規でおまとめ融資を受けられたので自分は大丈夫だと思うのですが、その後別の会社が発行するクレジットカードを申し込んだところ、審査が通らなかったため、ブラックリストに載っている可能性があるのかと不安になっています。


【 答え 】
今回はブラックリストについてまとめたいと思います。

まず、ブラックリストとは?

ブラックリストというと、何か黒いリストに名前が書いてあり、そこに名前が書いてある人は=要注意人物 そんな秘密の文書の様なものを想像してしまいそうですが、実はそんなリストは存在しません。

では、何を指してブラックリストと呼んでいるか? それは信用情報機関に登録されている、ある情報を指しているのです。

信用情報機関とは私達が利用するクレジットカード、車などを購入する物品ローン、住宅ローンからキャッシング等のお金に関わる様々な情報を蓄積しているところです。


ここに蓄積される情報には

いつ、誰が、何処から、何を目的に、どう借金をしたか。
借金の返済は遅れがあったのか、なかったのか

等が挙げられます。
※契約した情報だけではなく、融資を申し込んだ情報、審査結果等も蓄積されます。


この、信用情報機関に登録されたデータというのは、ローンサービスを提供するほとんどの会社で共有しており、ここに登録されている情報を審査に利用しています。

もちろん、ローンを申し込み、返済までなんら問題なく済ませている情報と言うのは ただの個人情報という扱い(俗にホワイト情報)となりますが、例えば、

過去に自己破産した事がある。
過去に支払いが遅れた事がある。

等の情報が登録されると、それらを俗にブラック情報と呼び、この状態をブラックリストに登録されたと表現している訳です。


何故、同じ人でも審査を通ったり、通らなかったりするのか


ところで、質問の方は、「おまとめローン」は融資してもらえたが、「カード申し込み」は審査が通らなかったという事ですが、同じ信用情報機関の情報を見て審査をしているのに、審査結果に差異が出るのは何故でしょうか?という疑問が出てきます。


ですが、これは簡単です。
というのも、金融会社は各社独自の審査基準を持っているからです。

例えば、信用情報機関に5年前に3回支払いが遅れているという情報が記載されている清水さん(仮名)さんを、A社・B社が審査する場合、A社は5年前の履歴なので、問題ないと判断しましたが、B社は5年前に遅れを出していると判断する。

この為、俗にA社よりもB社は審査が厳しいという表現になり、A社は審査に通ったけど、B社は審査が通らなかった…という事態が発生します。

もちろん、審査基準の違いだけではなく、申し込み金額や返済プランなどの違いも考えられます。


自分の信用情報がどうなっているか気になる


信用情報を元に各社が独自に判断するとはいえ、そもそも自分がどの様に信用情報機関に登録されているかは気になります。でもどうすれば??

これは、各信用機関に申し込めば どの様に登録されているかを確認できます。本人開示制度と呼ばれており、正当な手続きを踏み、情報の受け取りが本人であれば、誰でも申し込みが出来ます。


ただ、信用情報機関によっては 手数料が必要な場合があります。
また、申請に必要な書類に違いがある等一様ではありませんので、各機関に、事前問い合わせを行なう必要があります。


例えば有名な信用情報機関で言えば


株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

国銀行個人信用情報センター(KSC)
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/index.html


気になる方は一度調べてみると良いかもしれません。




キャッシングランキング