トップへ > この場合ってどうなるんですか??リアルQ&A > おまとめローンの低金利のものにまとめたいと思っているのですが…

>>おまとめわんこに寄せられた口コミから選ぶ最新キャッシングランキング

おまとめローンの低金利のものにまとめたいと思っているのですが…

【質問】
現在複数の金融機関に約180万の借入金があります。一時は本当に家計が切迫し、返済金の滞納をしたことがあります。

それから既に1年以上は経過し、最近では仕事も安定し、順調に残高を減らしています。

しかし、なかなか元本が減らず、まだ先が見えないため、おまとめローンで借り換えをしたいと思いますが、過去の返済延滞記録が気になります。

このような場合でも借り換えができるのでしょうか。
経験のある方詳しい方のアドバイスをお聞きしたいのでよろしくお願いします。


【答え】
基本的に、返済遅延記録がある場合は、おまとめローンの融資審査では否決される可能性が高くなります。高くなりますが、実際には各金融機関で対応が違ってくるので、あきらめずにチャレンジするべきです。


各金融機関が最も恐れることは、貸したお金が利息とともに全額戻ってこないことです。おまとめローンは、複数の金融機関に借り入金があって、返済が苦しい人が利用するわけですから、ある意味「私は危険な顧客かもしれませんが、融資してください」と言っているようなものです。従っておまとめローンの審査基準はどうしても高くなります


ただし、返済遅延記録があるからといって、必ずしも審査が否決されるとは限りません。それは、返済遅延記録が全ての金融機関で共有できないからです。

金融機関の種類によって、利用している信用情報機関が違いますので、現在借りている金融機関とおまとめローンで利用する予定の金融機関の種類が違えば、情報を共有できず、返済遅延記録の存在がわからないこともあります。


例えば銀行が利用している信用情報機関は全銀協だけなので、信販系で借り入れがあり、返済遅延記録があっても、全銀協には記録がないことになります。

つまり信販系の借り入金を銀行系で借り直せば、返済遅延記録を確認できないまま審査されることになります。


このように、違う種類の金融機関でおまとめローンを申請することは、一つのテクニックとしてあります。

しかし、もともと審査基準が厳しい金融機関に対して、このテクニックが通用するかは疑問です。それよりも、審査に通りそうな金融機関を選ぶことに時間をかけた方が良いと思います。


例えば、ずいぶん前の返済遅延記録よりも、最近の返済状況、融資残高、資産状況、収入を重視する金融機関があれば、返済遅延記録はさほど大きな問題にはならないと思われます。


つまり、返済遅延記録があっても、おまとめローンの審査に通り、融資が実行される可能性が高いと言えます。

あくまで各金融機関で審査基準が違いますので、その実体を良く調べて、できるだけ承認される可能性の高い金融機関を選んで申し込むことが大切です。


信用情報機関の特徴と各金融機関の利用状況


現在信用情報機関として各金融機関に情報を提供しているのは、4機関です。
全国銀行協会、CIC、日本信用情報機構、日本情報信用機構。

各機関が、加盟金融機関から上がってくる情報を管理し加盟金融機関に開示しています。ただし横の繋がりがあまりないため、加盟していない信用情報機関の情報は、基本的に知ることができない状況になっています。

では、それぞれの信用情報機関を簡単に説明してきます。


◆ 全国銀行協会
全国の銀行、銀行系クレジット会社、銀行系ローン会社が加盟しています。返済遅延記録等の事故情報は5年間残ります。

◆ CIC(クレジットインフォメーションセンター)
銀行系クレジット会社、銀行系ローン会社、信販系クレジット会社、流通系クレジット会社、メーカー系クレジット会社が加盟しています。返済遅延記録等の事故情報は5年間残ります。

◆ 日本信用情報機構
主に信販系クレジット会社、流通系クレジット会社が加盟し、返済遅延記録等の事故情報は5年間残ります。

◆ 日本情報信用機構
上記信用情報機関に加盟できない外資系の金融機関や独立系の消費者金融が加盟しています。


特に消費者金融は、日本情報信用機構以外の信用情報機関には登録していないため、情報が偏っていると言えます。

逆に銀行系の金融機関は、消費者金融で起こった返済遅延記録等の事故情報を得られないという実体が浮かび上がってきます。

このことは、おまとめローンを申請する金融機関を絞り込む時に役立てることができると思います。




キャッシングランキング