トップへ > おまとめローンに潜む罠…危険!!? > おまとめローンで低金利すぎる会社を見つけたのですが…

>>おまとめわんこに寄せられた口コミから選ぶ最新キャッシングランキング

おまとめローンで低金利すぎる会社を見つけたのですが…

【質問】
おまとめローン年利1.5〜5.2%を提示している会社があるのですが、こんな低金利あり得るのでしょうか??(しかも無担保・無保証人でOK)

名前も知らない会社ですし、どう考えてもあやしいとは思うのですが...詳しい方、アドバイスお願いいたします

【答え】
借金をまとめるサービスは銀行や消費者金融が中心となって提供していますが、基本的におまとめローンで一番低い金利の商品を出しているのは銀行で、金利は4%台です。

住宅ローンで1%台はありますが、無担保・無保証人でその金利(年利1.5〜5.2%)を提示している会社は聞いたことも見たこともありません。とても怪しいですね。


<主な銀行系のおまとめローン金利>
東京スター銀行 1.2〜14.8%  ※1
みずほ銀行   カードローン  5.0〜14%
三井住友銀行  カードローン  4.0〜14.5%
楽天銀行  スーパーローン  4.9〜14.5%


※1東京スター銀行の実質金利は4.6〜13.6%です。
同銀行の口座に預金がある場合に、預金の利子と借入金の金利を相殺する形で1%台が実現できるので、預金が無い方は対象となりません。


怪しい業者の特徴その1 「貸金業登録番号」の数字が若い


そこで、その会社が怪しいか怪しくないかを簡単に見分ける方法をご紹介します。
まず1つ目は、「貸金業登録番号」の数字をチェックすること。


アコムを例にあげてみましょう。


商号:アコム株式会社
登録番号:関東財務局長(10) 第00022号


貸金業を始めるときには、貸金業法に基づき、必ずこの「貸金業登録番号」を取得しなければなりません。そして、3年ごとに更新の義務を負います


そのため、このカッコ内の数字が多ければ多いほど、古くからある会社だとわかるのです。アコムの場合、3年ごとに1度の更新ですから、創立から約30年が経過していることがわかります。


逆にカッコ内が(1)などの場合、登録して間もない会社ということですになりますから、怪しい会社の可能性が高まります(もちろん、すべてが不振な会社というわけではありません)。


ですから、少しでも怪しいと思ったら、金融庁のホームページで登録貸金業者情報を検索しみましょう。比較的簡単に調べることができます。


怪しい業者の特徴その2 DMや電話をかけてくる業者


また、DM(ダイレクトメール)を送ってきたりや電話を積極的にかけてくる業者も、怪しいと思ったほうが無難です。なぜなら、金融機関は新規顧客の獲得に関して、(公のテレビCMや新聞広告等以外で)個人に対しての勧誘は認められていません。


金融商品取引法 第38条 3号
「締結の勧誘の要請をしていない顧客に対し、訪問し又は電話をかけて、金融商品取引契約の締結の勧誘をする行為」の禁止


法にのっとって営業している金融機関はこの法律を守っていますので、個別にDMや電話などで勧誘している会社は悪徳業者である可能性が高いです。


また、載っている連絡先が携帯の電話番号という業者も、まずしっかりとした業者ではないと考えて間違いないでしょう。俗にいう、090金融ですね。(そもそもも金融業を営んでいて固定電話を持たないのは法律違反です。)


怪しい業者の特徴その3 ありえないほどの極端な低金利


また、一般的にありえないほどの低金利で広告宣伝している会社によく見られるのが、以下のようなケースです。


融資の申し込み ⇒ 審査に通って融資OK。しかし、先に保証料や保険料の振り込むよう指示される⇒ 振込後、連絡がとれなくなる

連絡が取れなくなった後に、詐欺だと気づく方がたくさんいらっしゃるようです。




ケース1 消費者金融 5社 200万円借入中のAさん


5社200万円の借入の支払がきつくなってきたときに、雑誌の広告で、金利2%で融資してもらえる会社を見つけました。他の会社は金利16〜18%だったので、こんなに安い会社があるのかと、早速電話をしてみることに。


電話には男性が出ました。現状を聞かれ、私は現在の借入状況を全て告白しました。すると男性は、「その借金全て一本化できますよ。ただし、低金利での商品ですから、一旦保証料を預かります。20万円です。」という風に指示してきたんです。


今思うと腑に落ちないのですが、そのときの私は借金のことで頭がいっぱいだったので、言われるまま保証料20万円を支払ってしまいました。


保証料を振込んだ後、その会社との連絡が取れなくなり、そこでようやく私は「騙されていたんだ」だと気づいたんです。



今回のAさんのケースのように、お金を借りるにあたり、保証料や保険料などの名目でお金を一時的にでも業者に預けるということは、100%ありえません。このような金銭の要求があった時点で、詐欺だと思ってください。


お金に困っていると低金利の業者やサービスに飛びつきたくなる気持ちもわかりますが、悪徳業者はそこを付け狙ってきます。昔からうまい話には必ず裏があると言われるように、甘い言葉に決して惑わされないように慎重に行動して、悪徳業者から身を守ってくださいね。


(キャッシングの悪徳業者については返済の一本化に潜む悪徳業者に注意!でも詳しく解説しております!)



キャッシングランキング