トップへ > 楽天銀行・オリックス信託銀行・みずほ銀行カードローン > オリックスのおまとめの審査について。意外に・・・〜40代会社員男性の体験談〜

>>おまとめわんこに寄せられた口コミから選ぶ最新キャッシングランキング

オリックスのおまとめの審査について。意外に・・・〜40代会社員男性の体験談〜

【利用時期】2009年
【性別】男
【年代】40代
【職業】会社員
【他借り入れ】1件30万円
【キャッシングの理由】おまとめローンなんだけど、おまとめ目的ではなく、まとまったお金が必要となり申込み。


キャッシングが必要になった経緯、この業者に決めた理由

よく、このオリックス信託銀行の噂は耳にして、貸す気がない会社というイメージでしたが、駄目もとで申込みしましたね。まぁ、オリックスのVIPローンカードでもよかったんだけどこっちの信託銀行の方がまとまって貸してもらえるかもという期待で申込みしました。

なぜこのオリックス信託にしたかは、そのとき色々とオリックス関連の情報をよく目にしていたからだと思う。イマイチ、貸す気がない会社という噂もあったので、試す気持ちも半分あり、ここにしたのかも。

まぁとにかく、まとまったお金がどうしても必要なので、より大きく貸す会社を探して、ここが無難かなという感じかな。


審査について(かかった時間、属性の確認について等)

審査は、確か融資まで3日程度だったと思う。
属性は、他の会社同様、本人確認やら、勤め先やら、他借入に関して聞かれたかな。

噂によると、このオリックス信託銀行は貸さない、貸す気がないという話しがあちこちであるけど、自分的には、何が基準かはわからないが可決したので、ありがたい会社。

やっぱり、持ち家があると強みなのかな。
また、ある世代になると、未婚より既婚者の方が、融資率が高いのかな。
みなさんも資金調達、おまとめ意思がある人は、迷わず申込みしてみるといいですよ。


いくらお金を何%で借り入れた? その後の増額や金利について

融資額は、300万程度。
本当に助かったという感じですね。利率は10%程度。

利息は、チョット高めというイメージだが、可決したので文句はいえないですね。
増額は、自分はしていないからわからないが、属性がよければ、そういう話もあるかも。
ただ、この会社は、噂ではDMを送りながらも申し込むと秘訣というパターンも多いから、増額は難しいかも。

まぁ、噂は噂なので、まとまったお金がどうしても必要なら、申し込みあるのみ。
ただし会社員以外は×ですが・・。

給与所得の方でも秘訣情報が多々ある会社ですが、まずはおまとめをお考えなら申込みするべき。


対応について(窓口、オペレター等の)

対応は、素晴らしいかも。
金融機関は、最近はとても丁寧親切ですが、中には、とても高飛車な人もいる。
オリックス信託は、その点、とても対応はよかったですよ。


管理人からのコメント

審査を受けるにあたっての条件として…

まず年収も500万以上なのははずせないようです。また自営業者はダメなようですね。

最近は不況のあおりで倒産してしまう企業が多いせいでしょうか。
また会社勤めの方でも勤務年数が若いほど借りにくいと考えてもいいようです。

ある程度の会社勤めをし社会的信用がないと信頼にいたらないという事ですね。そのため、条件の年収500万以上をクリアしても断られるケースがあるのではないでしょうか。

やはり高額の場合、しっかりと長期プランで返済できると判断できる方でないと貸すほうも貸してはくれません。


また、勤め先の信用度、会社自体の業績なども関係してくるでしょう。
たとえば借り入れ成功者の例ですが、他社で200万円以上の借金があった方でも借り入れが可決された方もいます。

理由としては500万を超える年収はもちろん勤続年数30年以上というのが大きかったのではないかと感じます。

逆に借り入れが他社200万程度、年収が600万以上ある方であっても否決されるケースもあるようです。その場合は勤め先の会社の規模や業種、そして年齢などによって判断されていると考えられます。


ちなみに、いくら500万円以上の稼ぎがあったとしてもいわゆるお水系は不安定なため、借りるのが難しいと考えましょう。

一般的に、会社が提供するものがすぐ現金化される業種は審査が厳しく、逆に数ヶ月しないと現金化できないような業種の会社に勤めている場合それだけ多額の資金を必要とするため信頼度が高まる傾向があるらしいのです。

また、会社の規模が大きければ大きいほど潰れにくいので良い貸し出し相手とされます。


また、審査にあたって、おまとめの場合は"今の借金を作るにあたった経緯や理由"というような事も聞かれます。
そこでウソをついてしまえばその分信用がなくなります。同じような説明でも言葉ひとつで信用度が変わります。

たとえば、「飲み代に使った」などの言い回しはよくありません。「遊興費に使った」といったほうが聞こえがいいですね。

特に重視されるべき点としては返済能力があるかです。
そして誠実かどうかもとても大切な事だということです。


キャッシングランキング